カードローン借入可能か今すぐ審査したいなら

今すぐ審査ができるカードローン

アイフルのカードローン

審査時間最短30分
融資時間最短即日
年率金利4.5%~18.0%
借入限度額1,000円~500万円(一部提携のATM.CDでは10000円~)
担保・保証人不要
アイフル公式サイトはこちら
独立系消費者金融アイフルでは、初めての借り入れで、30日間無利息サービスが2017年度2月より実施されています。
1秒間の簡易審査、本審査も最短30分で終了します。
即日融資も可能で、急ぎのキャッシングに対応しています。
インターネットで予め申し込んでおいて、フリーダイヤルで手続きを進めていくと、スムーズに運びます。

アコムのカードローン

審査時間最短30分
融資時間最短一時間
年率金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
担保・保証人不要
アコム公式サイトはこちら
審査最短約30分でOK。
はじめて借り入れする場合、30日間無利息になりお得です。
Webで申し込んだ場合、カードは自宅に郵送されますが、自宅の近くの自動支払機むじんくんやアコムの店舗でも受け取ることができます。
申し込み審査に必要な書類は、50万円までなら、本人確認書類だけで済みます。
運転免許証や個人番号カード、健康保険証など、50万円以上借りる場合は、収入証明書、給与証明書も必要になります。
アコムでは審査書類確認のために、在宅確認電話か職場に在籍確認のために個人名で確認の電話があります。
返済方法は、アコムのATM、提携ATM、アコムの店舗、振り込み、口座から自動引き落としなど多岐にわたります。

プロミスのカードローン

消費者金融一覧表 プロミス
審査時間最短30分
融資時間最短即日
年率金利4.5%~17.8%
借入限度額1万円~500万円
担保・保証人不要
消費者金融プロミスでは、審査スピード約30分、最短約1時間で融資可能です。
24時間いつでも申し込み可能で、初めて借入する場合、30日間無利息なのでお得に利用することができます。
消費者金融では他店も審査スピードが早いのが特徴ですが、中でもプロミスが良く選ばれている理由として、審査に必要事項を入力すると最短30分で仮の審査結果がメールに届くという点です。
仮審査結果は、キャッシングの申し込みが込み合って、なかなか審査結果が下りないというときにも効果的で、その日に融資されるのかを予想できるので、その後のお金のプランが立てやすくなります。

モビットのカードローン

消費者金融一覧表 モビット
審査時間最短30分
融資時間最短即日
年率金利3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
担保・保証人不要
モビットは、三井住友銀行グループの消費者金融なので、安定と信頼感においてはトップレベルです。
約10秒の簡易審査と本審査時間も約30分と早く、急ぎでお金が必要という人にお勧めです。
審査項目の中の在籍確認がないので、web完結なら電話連絡はありません
郵便物も自宅に届くということがないので、家族に知られたくないという人、仕事仲間に知られたくないという人にも向いているキャッシングです。
モビットのweb完結で借入の申込みを希望される方は、三井住友銀行、または、東亰三菱UFJ銀行に口座がある人で、借入金の取引はこの口座を使用します。
提出する審査書類は通常よりも少し多くなり、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの本人確認書類、収入証明書、給与証明書、健康保険証などです。

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融では、お金を借りる使い勝手が、以前よりもずいぶん良くなっています。
以前、消費者金融での借入は、利息が高く、取り立ても厳しくて、良いイメージがありませんでしたが、今では、利息がずいぶん低くなり、無利息期間が設けられ、消費者金融でお金を借りる人が増えました。
消費者金融でお金を借りる一番のメリットは融資審査が早く、融資されるのも早いので、お金を借りたい人にとっては、とても良い借入金融機関になり、、リスクを背負うことなく、安全で安心して借りることができます。

消費者金融の借入金の年率も下がっている、その日の融資も可能、キャンペーンで無利息期間が利用できるなど、以前に比べると、ずいぶん身近で利用しやすくなっています。
お金を借りるには、大きく分けると銀行、信販会社、消費者金融の3つの方法があります。
この中で審査時間が大幅にかかり、融資されるまで日数がかかるのが銀行系のキャッシングです。
キャッシングの申し込み方法については、3つのキャッシングともweb、電話、郵送などいくつかの申し込み方法がありますが、融資されるまでに時間が短いのが、消費者金融のweb完結です。
消費者金融の中には、自宅に郵便物発送なし、勤務先の在籍確認なしのところもあり、家族や周りの人に知られることなくお金を借りることができます。

金融機関の融資のデメリットは、年利回りが約18%と高いことです。
担保なし、保証人もなしで借りれるので、年利率は高めに設定されています。キャッシングでも銀行系は年利回りが約14%台で安いですが審査は厳しく融資まで時間がかかります。
消費者金融のキャッシングは、とても身近になり、お金の貸し方や返済方法も多岐にわたり、生活に溶け込んだ便利なツールともいえます。
お金の出金方法も手軽で、コンビニのATM、自動支払機でも簡単に行えます。
このようにお金の借り方、返し方が簡単に行えるので、繰り返し利用しすぎるというデメリットもあります。

借り入れが一番早いのは消費者金融

審査が一番早い消費者金融のwebでの申し込み、審査、借り入れが一番早いです。
審査結果が最短で30分でおりるので、午前中に手続きをすませば、その日にお金を借りることができます。
また注意しなければならないのが闇金業者です。
融資の条件や審査が甘く、融資されやすいところは闇金の可能性があるので気を付けましょう。
闇金の条件は、ブラックでもOK、無職でもOK、審査なしでも融資されるところもあります。
このような闇金は法外に高い利率が請求されます。消費者金融のキャッシングは、安心安全で、審査は最短でも約30分以内で結果がわかり、即日融資も可能なので、とにかくお金を早く借りたという人は消費者金融での借入をお勧めします。

審査は遅くてもその日のうちに終わる

審査を待つ消費者金融の審査は、遅くても、その日のうちに終わります。
銀行の審査に通らなかったという人は消費者金融の申し込み審査に通る可能性があるので、申込されるのが良いでしょう。
銀行と消費者金融とでは、審査基準範囲が異なるので、銀行の審査に落ちた人でも消費者金融の審査に受かり借入できる可能性があります。

限度額・条件について

金融機関での借入金合計額が、法律によって、給料の三分の一までと決まっているので、それ以上は借りることができませんが、総量規制額以上借りる場合は、総量規制の対象外のおまとめローンを利用すると良いでしょう。
契約限度額は、金融機関によってまちまちで最低借入額が、一万円以上であったり、10万円以上であったりします。
最高借入金額は、500万円、800万円など、いずれも総量規制の範囲内で借入可能となります。

借入残高について

借入残高残高とは、今ある収入から支出を引いた金額のことです。
カード利用で利用残高と利用可能額の明細が送られてきますが、利用残高というのは、これまでにショッピングなどで使った金額の合計額のことです。
利用可能額は、これから使える金額のことで、入金する必要がある金額は含まれていません。
入金する分を入金すると、ショッピング枠の満額を利用することができます。
カード利用残高で、使った覚えがないのに、一円、100円、200円という少額が引かれていることがありますが、これは、カードの有効性を確認するためのシステム上の承認データ使用量の金額が引かれているのです。
今では、お金の処理がコンピューターシステム上で決済されることが多くなっているので、これからも、このように「あれっ?金額が合わない」と思うような疑問点が増えてくるでしょう。
もしも、金額について疑問に思うことは、ヘルプデスクに問い合わせてみましょう。

今すぐ借入可能なカードローンのまとめ

消費者金融の中でも来店不要、カードレスでお金の取引ができるサービスが人気。
カードレスキャッシングを利用することができ、利用できる条件としては、銀行に口座があり何度となく取引していることが条件です。
完全に来店不要でお金の取引ができる手軽さが女性に人気の秘密です。
カードが発行されないので、自宅に郵便物が届くということがなく、家族に知られずにお金の取引ができます。